事業紹介サイトはこちら
  ニュースサイトはこちら


カルピス社員のとっておきレシピ >書籍 >TOP

タイトル

「カルピス」をこよなく愛し、「カルピス」の魔法を知っているカルピス社員が、「カルピス」の楽しみ方を教えます!

食品メーカーのレシピ本の先駆けの一冊!

体裁

新書判・ 128ページ

定価 770円(税・送料別)
発行 2011年6月
発行元 池田書店

■監修
カルピス食品株式会社


■特徴

アイデア次第で主人公にも引き立て役にもなる「カルピス」の魔法。
いろいろな食材と溶け合い、新しいおいしさが生まれます。
そんなカルピス社員ならではの楽しみ方をみなさんにご紹介したいと思います。
私たちの「カルピス」への愛のつまったレシピの中からあなたのお気に入りや新しいアイデアが生まれたら、私たちにとってこの上ない喜びです。

(まえがきより抜粋)

■内容

01 「カルピス」を使って作るドリンク
「カルピス」はもともとドリンクとして販売されているもの。水で薄めたものはもちろんおいしいのですが、フルーツと合わせたり、炭酸水やアルコールなどと合わせてもひと味違った楽しみ方ができます。「カルピス」を一番よく知る社員だからこそのアイデアレシピをご紹介します。
フルーツや、野菜、アルコールなどに混ぜるレシピ18品掲載

02 「カルピス」を使って作る料理
「カルピス」の甘酸っぱさやクリーミーさを利用すれば、砂糖や酢の代打として料理に大活躍します。さらに、コクを出したり、化rまいをまろやかにしたり……と、みりんのような奥深いアジを生み出す調味料にもなります。ここでは調味料として使う、目からうろこの「カルピス」レシピが目白押しです。
<甘酸っぱさがぴったり!><コクがアップ!><まろやか味に!><カロリーひかえめ!><同じ発酵食品だからぴったり>6つテーマ、25品掲載

03 「カルピス」を使って作るデザート
「カルピス」はドリンクや料理だけでなく、デザートにも使えます。砂糖は入っていますが、脂肪分ゼロなのがうれしいところ。液体なので材料に混ぜやすいのも魅力です。しかも同じ生乳からできた牛乳やバターとも好相性。スポンジ生地に加えたり、クリームに加えて楽しみましょう。
<生地に混ぜる><シロップに混ぜる><ソースに混ぜる><ゼラチンに混ぜる><寒天に混ぜる>の5テーマ、8品掲載

03 カルピス社の社員食堂
「カルピス」の誕生日は7月7日。カルピス本社(東京・恵比寿)の社員食堂では毎月7日が「カルピス」dayになり、「カルピス」を使ったメニューが3〜4品登場します。カルピス社員は、ここで食べたメニューを参考に、枚レシピを考えることも多いとか。そこで、「カルピス」dayに社員食堂に潜入。店長の山口晴生さんに「カルピス」を使ったメニューについてお話を伺いました。
社員に人気の「カルピス」メニューBest10を掲載

表紙写真


申込みページへ



 

 

copyright © 日本食糧新聞社.All Rights Reserved.