事業紹介サイトはこちら
  ニュースサイトはこちら


食の原点に生きる−体験的「日本の食と食文化」論 >書籍 >TOP

食の原点に生きる−体験的「日本の食と食文化」論
著者は、日本思想史の学徒から食品メーカーのトップになり数々の話題商品をヒットさせた。農村文化運動や食品のマーケティング遍歴体験の中から、食生活の変貌、即席めんをはじめ加工食品の発展、食文化の問題点また日本人の精神の原点でもある農業・農村への思い、環境破壊、価格破壊についても独自の考察を加えています。

体裁 四六判・244ページ
定価 1,165円(税・送料別)
発行 1995年4月


内容

日本思想史から食品メーカーへの遍歴

 第1章  即席ラーメンの魅力と奇跡
 第2章 戦争中の青春その時代に考えていたこと
 第3章 農村文化運動にとびこむ
 第4章 明星食品の創業と即席ラーメン業界の形成
 第5章 経済の高度成長から成熟時代へ
 第6章 明星食品の外食事業と高級拉麺の開発
 第7章 日本の食と文化
 第8章 成熟の果ての不況
申込みページへ

copyright © 日本食糧新聞社.All Rights Reserved.