事業紹介サイトはこちら
  ニュースサイトはこちら


食品業界ISO14001入門 >書籍 >TOP

食品業界ISO14001入門
環境マネジメントからエコラベルまで幅広く取り上げました。
「何のために環境対策を行うのか、環境対策を行うことはどのような意義があるのか、このことと環境マネジメントシステムの構築とはどのような関係があるのか、これらを理解することがもっとも重要である。」(本書より)

体裁 四六判・226ページ
定価 1,500円(税・送料別)
発行 1999年11月
ISBN 978-4-88927-100-3


内容

◎環境マネジメントシステム構築のあり方
企業活動における環境対応の位置付け
環境対応を戦略的にとらえた企業活動
環境問題の特徴と環境負荷

◎環境マネジメントシステム概論
環境マネジメントシステムの基本的考え方
自主的取り組みとシステム構築の必要性を理解する
ISO14000シリーズの枠組み
ISO14001認証取得の考え方

◎環境問題の現状と企業対応のあり方
環境マネジメントシステムの全体像
環境影響と環境側面
法的およびその他の要求事項
環境マネジメントシステムに関する教育訓練
EMS文書とその管理
審査登録の仕組みと手続き

◎食品界ISO14001導入事例
キッコーマン
潟Rープフーズ
サントリー
明治乳業
兜H食
潟香[ソン

◎環境経営の新しい要素
環境会計の導入
環境報告書の作成、
公表環境ラベルの現状と課題

◎トータルマネジメントシステムへの誘い
HACCPとは
HACCPと9000シリーズ

申込みページへ

copyright © 日本食糧新聞社.All Rights Reserved.