事業紹介サイトはこちら
  ニュースサイトはこちら


食商品学〜焼きいもからグルメツアーまで〜 >書籍 >TOP

食商品学〜焼きいもからグルメツアーまで〜
本書は、原料食品から調理済み食品に及ぶ内食用の食品商品、中食用の献立食商品、外食などの食事商品、さらにはグルメツアーなどの食を含む商品までを包括する新しい食カテゴリーの入門書(テキスト)として刊行しました。
 日本フードスペシャリスト協会が毎年12月に実施している“食のスペシャリスト”を認定する「フードスペシャリスト資格テスト」を受ける受験生が、現実の日本社会で生産・流通・販売・消費されている食商品の実態と広がりについて理解するための最適なテキストとしてつくられています。
 フードスペシャリスト資格および日本フードスペシャリスト協会についてはこちらをご覧下さい。

体裁 A5判・192頁
定価 1,200円(税・送料別)
発行日 2004年9月
ISBN 978-4-88927-118-8

 


著者・執筆者

第I部
梅沢昌太郎(日本大学商学部・大学院教授・農学博士)
井戸大輔(日本大学商学研究所研究員)
山腰光樹(諏訪東京理科大学経営情報学部教授)
井原幸治(宝酒造株式会社広域流通部・部長)
金世煥
第II部
長尾精一(財団法人製粉振興会・参与・農学博士)

編集

田村真八郎(日本フードスペシャリスト協会会長・元農林水産省食品総合研究所所長)
中島久男(日本フードスペシャリスト協会専門委員)

大学・短大の職員の皆様へ

日本フードスペシャリスト協会公認のサブテキストです。授業のテキストとしてご採用下さる場合は、特別価格にて販売いたします。詳しくは、読者サービス本部(TEL.03-3432-2927)までお問い合せ下さい。

内容


第I部 食商品学概説-持続可能な食の商品学

1.商品をどう分類するか(井戸大輔)   6.食商品学と戦略マーケティング(金世煥)
 1.基本的な商品分類方法    1.戦略マーケティング戦略
 2.制度的商品分類    2.4Pと4Cの概念
 3.慣用的商品分類    3.市場細分化戦略
2.食品の形態の変化(梅沢昌太郎)    4.製品差別化戦略
 1.イノベーションの取り組み   7.食品の安全と安心の保証(梅沢昌太郎)
 2.製品特性のイノベーション    1.食品表示をめぐる問題点
 3.冷凍食品への二元的な期待    2.トレイサビリティとトラッキング
 4.消費者・生活者のライフスタイルの変化    3.コミュニケーションの重要性
3.温度帯別食品流通(梅沢昌太郎)    4.リスク管理
 1.生鮮食品の変化   8.製品のマネジメントを考える(梅沢昌太郎)
 2.加工食品の形態変化    1.プロダクト・マネジャー
 3.温度帯別食品という食品    2.マーケット・マネジャー
 4.生鮮的加工食品/加工的生鮮食品のコンセプト    3.マトリックス組織
4.HMR/MSと中食の変化(山腰光樹)   9.事業者と生活者の倫理と責任(梅沢昌太郎)
 1.HMR/MSの誕生とその背景    1.事業倫理のあり方
 2.中食市場の成長と食マーケット    2.ビジネス・モデルの変更
 3.中食商品の特性とメニューづくり    3.消費者・生活者の自己責任
5.小売の現場からみたカテゴリー・マネジメント(井原幸治)    4.事業組織の説明責任
 1.食品小売業の分類と流通の仕組み   10.持続可能なマーケティングと食商品学(梅沢昌太郎)
 2.スーパーマーケットのマーチャンダイジング    1.パッケージの重要性と環境問題
 3.CVSのマーチャンダイジング    2.第5のP(マーケティング変数)
     3.リサイクルの拡大
     4.持続可能なマーケティング

第II部 知っておきたい食商品のABC
1.高温販売食品
2.常温流通食品
 1.比較的長期間貯蔵できる食品
 2.数カ月の間に消費するほうがよい食品
 3.比較的短期間に食べきる方がよい食品
3.低温流通食品
4.冷凍食品
5.その他食品
申込みページへ

copyright © 日本食糧新聞社.All Rights Reserved.