コーポレートサイト
日本食糧新聞・電子版

缶詰入門改訂4版 >食品知識ミニブックスシリーズ >書籍一覧
著者

公益社団法人日本缶詰びん詰レトルト食品協会 著 

体裁 新書判 196ページ
定価 1,200円(税別・送料別)
発行 2020年8月13日
ISBN 978-4-88927-273-4
数量


オンライン書店在庫検索はjubei. Inc提供のオンライン書店横断検索を利用しています。
■書店在庫検索
   


内容
  • 第1章 缶詰産業の歴史
    1 わが国缶詰産業の沿革
    2 海外における缶詰沿革
  • 第2章 缶詰・びん詰・レトルト食品の作り方
    1 製造法の特徴
    2 代表的製品の製造法
    3 容器
  • 第3章 レトルト食品の特徴
    1 安全性
    2 栄養
    3 品質保証(変質原因の究明)
    4 保存性
    5 経済
    6 利用価値
  • 第4章 関連法規
    1 食品衛生法
    2 JAS法(日本農林規格等に関する法)
    3 食品表示法
    4 健康増進法
    5 計量法
    6 不当景品類及び不当表示防止法(景表法)並びに表示に関する公正競争規約
  • 第5章 缶詰の生産と輸出入
    1 わが国の缶詰生産
    2 世界の缶詰生産
    3 缶詰の輸出入
  • 第6章 缶詰の流通と国内消費
    1 缶詰の流通
    2 缶詰の国内消費
  • 第7章 主な缶・びん詰製品のプロフィール
    1 水産缶詰
    2 果実缶詰
    3 野菜缶詰
    4 ジャム類
    5 食肉、調理缶詰
    6 清涼飲料缶詰
  • 第8章 レトルト食品
    1 レトルト食品産業の沿革
    2 レトルト食品という名称、定義
    3 レトルト食品の生産・消費
    4 レトルト食品の作り方
    5 レトルト食品の安全性と表示
  • 参考文献

copyright © 日本食糧新聞社.All Right Reserved.