コーポレートサイト
日本食糧新聞・電子版

食品工場は宝の山 (委託書籍) >書籍一覧
タイトル
体裁

A5判・126ページ

定価 2,000円(税別・送料別)
発行

2015年5月

発行所 幸書房
数量
表紙写真

大手食品会社では取り入れているところも多いと思われますが、「トヨタ方式」といってもよい生産工程改善の試みです。
ボトムアップで生産工程の無駄を見つけ改善し、現場からより効率的な生産や人的資源の有効な配置を実現していこうというものです。
小集団活動を中心に、地道な積み上げの中で、働きやすい職場、効率の良い職場を作り上げていくもので、一つの文化といってもよいかと思います。
本書は、実際に食品会社のコンサルなどを経験、あるいは実際現在携わっている中小企業診断士4名による労作です。現場改善にお悩みのリーダー必読の書としてお勧めします。

■著者
平林 裕治、西 真一、黒田 学、山田谷 勝善

■内容

  • 第1章 駆け足で変わる経営環境
  • 第2章 現場改善とは文化を作り上げること
  • 第3章 食品製造現場の改善事例
  • あとがきに代えて―「中島董一郎」という偉大な先輩(キユーピー創業者の経営理念)

copyright © 日本食糧新聞社.All Rights Reserved.